【出口治明との質疑応答2】 学習意欲の「ある・ない」で 生涯賃金が5割以上アップする ってホント!?

10月18日(金)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo: Adobe Stock

写真を拡大

世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、なんと大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が激賞する『哲学と宗教全史』が、発売後たちまち第3刷が決まり、「日経新聞」にも大きく掲載された。
9月7日土曜14時、東京・八重洲ブックセンターに約80名が集結。満員御礼の出版記念講演会につづき行われた質疑応答が盛り上がった。今回からは普段、めったに明かされない出口学長と会場のみなさんとの「白熱の質疑応答」を特別にお届けしよう。


40歳目前! 学習意欲「継続」に
特効薬はあるか?


出口 次の方。はい、どうぞ。


——僕もそろそろ40歳を迎えるのですが、出口さんのように学習意欲を持ち続けるにはどうしたらいいか悩んでいます。僕は興味のある分野の本をどんどん読んでいきたいなとは思っているんですけど……。


出口 それで十分じゃないですか(笑)。興味のある分野があって、本をどんどん読んでいけるのなら、めちゃ学習意欲があるじゃないですか。


——ありがとうございます。


出口 面白い話を1つしましょう。
 ある学者の統計では、学習意欲の「ある」人は「ない」人に比べて生涯賃金がだいたい5割以上アップするという統計データがあるのです。


 これはなぜでしょう?


 みなさんが会社員とすると、社長は学習意欲のある社員のほうがかわいいと思います。
 みなさんに部下が2人いると考えてください。
 1人は毎晩、お酒を飲んでいる。1人は2日に1回、必ず本を読んでいる。


 どちらがかわいいと思いますか?


 学習意欲があれば、マクロで見たら生涯賃金が5割以上アップするので、ガンガン興味がある分野の本を読まれたらいいと思いますよ。


——ありがとうございます。


(つづく)



続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「学習」をもっと詳しく

「学習」のニュース

「学習」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ