BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

身を削る生活苦から立ち上がった、元公務員ワーキングプア女性

ダイヤモンドオンライン10月21日(金)6時0分
画像:生活苦に喘ぐ「元保健室の先生」が語る、生活保護基準引き下げ反対訴訟に立ち上がった理由
写真を拡大
生活苦に喘ぐ「元保健室の先生」が語る、生活保護基準引き下げ反対訴訟に立ち上がった理由

生活保護基準引き下げ反対訴訟は、全国で約900人の当事者が原告となった史上最大級の行政訴訟だ。原告となった当事者は、生活保護の「いま」「これから」をどう見ているのだろうか?


生活保護引き下げ反対訴訟

原告に投げかけた「6つの質問」


 2013年から実施された生活保護基準引き下げに対し、全国で生活保護を受給している当事者のうち約900人が原告となり、国に対する違憲訴訟を行っている。連載第66回は、訴訟を支える弁護士の思いを紹介した。今回は、原告となったご本人の思いを紹介する。


 ご登場いただくのは、北海道に住む平田明子さん(仮名・47歳)。もともと公立小学校の「保健室の先生」こと養護教員だった平田さんは、紆余曲折の末、40歳を過ぎる時期には非正規雇用の公務員となっていた。


「公務員ワーキングプア」そのものの不安定な身分と低賃金労働に、さらに職場のパワハラが加わり、平田さんは精神疾患のため就労を継続できなくなった。傷病手当金・失業給付など社会保険による所得補償が尽きた後は、生活保護のもと、病気の治療・療養を行いながら生活している。


 精神疾患の症状は、徐々に軽快しつつある。平田さんは、年間数日ではあるが、「慣らし」的なアルバイトも自発的に開始し、継続している。いったん、非正規雇用ながらフルタイム雇用での就職もしてみたが、精神疾患の悪化により、1ヵ月足らずで退職することとなった。


 平田さんの心身は現在もなお、日々生活し、心身の状態を維持し、可能ならば少しでも良くしようとするだけでも大変な状況下にある。それでも平田さんは、生活保護基準引き下げの原告となる決意をした。


 私が用意した質問は、以下の6項目だ。


【Q1】生活保護基準の引き下げ反対訴訟が、第一次水俣病訴訟の約7倍という規模(原告約900名)になったことに対して、どう思っていますか?


【Q2】生活保護基準が引き下げられて、ご自身の生活はどのように変わっていきましたか?


【Q3】生活保護基準の引き下げが、日本のすべての人々の生活に波及する可能性について、どう考えていますか?(注:税金や社会保険料が減額・免除される所得も、連動して引き下げられる場合が多いため。参考:読売新聞『ヨミドクター』記事、日弁連パンフのQ7。また「地域にお金が流れにくくなる」という見えにくい影響もある )




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

DIAMOND,Inc. All Rights Reservedi.

はてなブックマークに保存

ダイヤモンドオンライン

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「公務」をもっと詳しく

注目ニュース
エレベーター点検中の男性作業員死亡 突然上昇、首はさまれ 川崎市 産経新聞9月22日(金)11時20分
川崎市川崎区日進町の「太田総合病院」で20日にエレベーターの点検作業をしていた会社員の藤原大樹さん(24)=横浜市旭区南本宿町=が、エレベ…[ 記事全文 ]
ポツダム宣言仲介のスイス、「日本と断交」検討 読売新聞9月22日(金)9時14分
1945年8月のポツダム宣言受諾の仲介という日本の終戦に大きな役割を果たしたスイスが、同年5月、日本と断交しようとしていたことが、スイスの外交文書から分かった。国文学研究資料館の加藤聖文(きよふみ)准教授がスイス連邦公文書館で確認した。[ 記事全文 ]
河野外相、北朝鮮との断交要求=160以上の国々に 時事通信9月22日(金)9時17分
【ニューヨーク時事】河野太郎外相は21日、米コロンビア大学で講演し、北朝鮮の核・ミサイル開発を「これまでにない重大かつ差し迫った脅威」と位…[ 記事全文 ]
日本救助隊が現地入り=メキシコ地震 時事通信9月22日(金)11時11分
メキシコ中部を襲った地震の発生から21日で丸2日が経過した。がれきに埋まった人の生存率が急激に下がる「発生後72時間」が迫る中、日本の緊急…[ 記事全文 ]
自民・平沼赳夫氏が引退意向、後継に次男出馬へ 読売新聞9月22日(金)13時31分
自民党の平沼赳夫衆院議員(78)(岡山3区)が、「10月10日公示・22日投開票」予定の衆院選に出馬せず、政界を引退する意向を固め、地元後援会幹部に伝えたことがわかった。平沼氏は2015年に脳梗塞(こうそく)を発症し、現在、リハビリ中。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア