子供の教育にお金をかけたい? ネット上では厳しい声も

10月21日(月)9時1分 しらべぇ

家計(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

子供が生まれたらお金を費やしてあげたいと考える人もいるのでは。習い事、塾代、授業料…。挙げれば枚挙にいとまがないが、子供の教育にお金を使いたい人はどれくらいいるのだろうか。


■2人に1人はかけたい

しらべぇ編集部が、全国20〜60代の子供がいる男女657名を対象に調査したところ、全体の51.8%が「子供の教育にお金をかけたい」と回答した。

子供の教育の調査

2人に1人はお金をかけたいと考えているようだ。なお、男女別では男性48.7%、女性54.3%。女性のほうが子育てに関心があるということかもしれない。


関連記事:教育に費用対効果は関係なし!子供の習い事について①【溜池ゴロー、子育てこそ男の生き甲斐】

■40代女性が6割

さらに、年代別に見ると、40代女性が6割台。

子供の教育の調査

30代で子供を生み、小学校、中学校と進学するにつれて、「塾に行かせて勉強させなきゃ」「スポーツに才能があるのだからもっといいところで練習させなきゃ」などのように、子育てを進める中で気づくことも見えてくるのだろうか。


■現実は厳しい?

ネット上では、このような声があがっている。

「子供の教育にもお金かけたいけど毎日の生活でますます必死になるのね」


「子供の教育にお金かけたいので(相手の)年収見ないの不可能なのです」


給料がなかなか上がらないことから、お金をかけたくともかけられない人のほうが圧倒的に多いと言えそうだ。


・合わせて読みたい→子供3人の女性、夫から「食費に6万は使いすぎ」 投稿が物議を醸す


(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日

対象:全国20〜60代の子供がいる男女657名(有効回答数)

しらべぇ

「子供」をもっと詳しく

「子供」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ