今夜は十三夜 星降る夜に輝く月にも注目

10月21日(日)11時40分 ウェザーニュース


2018/10/21 11:45 ウェザーニュース

オリオン座流星群の活動がピークを迎える今夜、流れ星以外にも注目なのがお月様。というのも、2018年10月21日は旧暦でいうと9月13日にあたるため、今夜は十三夜ということになります。

流星観測の邪魔になることから流星群の活動期には迷惑な存在とされる月ですが、今夜は空を見上げて、先人が愛した十三夜の月を楽しんでみてはいかがでしょうか?

十三夜とは?

十三夜とは、昔使っていた月の満ち欠けをもとに1ヶ月の日付を決める太陽太陰暦(旧暦)の9月13日の夜を指し、この日に見える月は旧暦の8月15日(十五夜)に出る月(中秋の名月)と並ぶ名月とされています。

平安時代に中国から伝わったとされる十五夜の月を愛でる風習とは異なり、十三夜の少し欠けた月を愛でる風習は日本独特のものと言われています。

ではなぜ、満月でもない十三夜にお月見をする風習が日本で始まったのでしょうか?

これに関しては諸説あるものの、延喜(えんき)19年9月13日 (現在の暦では919年10月9日)に、当時の法皇が催した月の宴がきっかけとなったというのが、最も有力な説とされています。

また、十三夜の月は、十五夜の月(中秋の名月)とセットで呼ばれることも多く、旧暦8月の十五夜の月を「前の月」、9月の十三夜の月を「後(のち)の月」と呼んだり、2つの月を合わせて「二夜(ふたよ)の月」と呼ぶこともあります。

そして、片方しかお月見を行わないことを「片見月(かたみづき)」と呼んで、縁起の悪いものとされています。

十三夜の月が観測できるのは22日未明頃まで

東京の場合、今日は15時30分頃に月の出を迎えるので、夕方には東の空に浮かぶ月を見ることが出来そうです。その後、21時過ぎに南の空で最も高度が高くなり(南中)、22日3時頃に月没するまで西の空で見ることが出来ます。

お住まいの場所によって、月の出や月の入りの時間は異なるため、観測を予定されている方は、ご自身のお住まいのエリアの月の出月の入りの時間を確認するようにして下さい。また、22日の日の出前にはすでに月は沈んでいるため、22日に早起きして月を見ようと考えている方はご注意下さい。


ウェザーニュース

「十三夜」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「十三夜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ