安倍昭恵夫人「即位礼正殿の儀」でのドレスに注目 白の膝丈...トレンドにも

10月22日(火)17時43分 J-CASTニュース

即位礼正殿の儀に参列した安倍首相夫妻(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

写真を拡大

天皇陛下の即位を国内外に宣言する「即位の礼」当日の2019年10月22日、ツイッターで多くつぶやかれた言葉を集計する「トレンド」上位に、安倍晋三首相夫人・昭恵氏の名前がランクインした。

昭恵氏は22日、即位礼正殿の儀に安倍首相とともに出席した。主に注目を集めたのは、そのファッションだ。




釣鐘状の袖も特徴的



カメラの前に現れた昭恵氏は、白のドレスに身を包んでいた。スカートの丈が、膝までとやや短めなのが目を惹く。また、袖の形も特徴的で、肘のあたりまではタイトに絞られているが、そこから先は大きく膨らんだ、いわゆる釣鐘状のデザインだ。


正殿の儀には、ほかにも複数の首相経験者らが出席し、昭恵氏はその夫人らと並ぶ形に。そのファッションは多くが着物姿で、麻生太郎財務相夫人の千賀子氏が洋装だが、こちらは緑のロングドレスだ。そのコントラストもあって、余計に昭恵氏のファッションは「脚光」を浴びることになった。


なお、首相官邸がウェブサイトで発表している「即位礼正殿の儀の細目について」によれば、女性参列者のドレスコードは、「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの」と指定されている。

J-CASTニュース

「安倍昭恵」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「安倍昭恵」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ