22日 台風21号 あす関東に直撃か

10月22日(日)9時33分 tenki.jp

超大型で非常に強い台風21号は、22日夜から23日にかけて、西日本から東日本にかなり接近し、23日には強い勢力を維持したまま上陸する恐れがあります。関東直撃のコースをたどるかもしれません。今後の動きに注意が必要です。

台風情報

台風情報

今夜から暴風域に警戒を!

超大型で非常に強い台風21号は、22日夜から23日にかけて、西日本から東日本にかなり接近し、23日に上陸する可能性が高くなってきました。予報円の真ん中を通った場合、東日本は今夜遅くから風速25メートル以上の暴風域に入り、23日の通勤通学の時間帯に台風が首都圏を通過する恐れがあります。強い勢力を維持したまま上陸する事が考えられるため、風に対する警戒が必要です。交通機関に影響が出る恐れがありますので、今夜は早めに帰宅し、あすの朝に備える必要があるでしょう。

台風は超大型というくらいで、風速15メートル以上の強風域が、中心から西側には1100キロ、東側には750キロにわたっています。このため、台風が遠い海上にあっても、西日本ではすでに強風域に入っています。東日本も日中は次第に風が強まってくるでしょう。夜には東日本は広く、風速25メートル以上の暴風域に入る恐れがあります。これは、大人でもしっかりと掴まっていないと立っていられないくらいの風で、転倒したり、飛来物によって負傷する恐れもあります。屋外の行動は極めて危険ですので、早めに帰宅しましょう。

なお、南西諸島では22日夕方にかけて、西日本と東日本では22日夜から23日にかけて、北日本では23日に、猛烈な風が吹き、猛烈なしけとなるところがある見込みです。

●23日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、東海地方、伊豆諸島は35メートル(50メートル)、沖縄地方、近畿地方、関東甲信地方、北陸地方、東北地方、北海道地方は30メートル(45メートル)、九州南部・奄美地方、四国地方、中国地方は25メートル(35メートル)

●23日にかけて予想される波の高さは、東海地方、関東甲信地方、伊豆諸島は12メートル、沖縄地方は11メートル、近畿地方、東北地方は10メートル、四国地方は9メートル、九州南部・奄美地方、北陸地方、北海道地方は8メートル、九州北部地方、中国地方は6メートルです。

太平洋側を中心に猛烈な雨の恐れも

現在、本州付近は前線の活動が活発になっているため、九州から東北にかけては広く雨となっています。夕方までは前線の影響で、関東以西の太平洋側では大雨になる所があるでしょう。そして、今夜以降は、台風本体の雨雲がかかってくるため、西日本と東日本の太平洋側を中心に局地的には1時間に100ミリの猛烈な雨の降る恐れがあります。猛烈な雨とは、水しぶきであたり一面が真っ白になり、視界が悪くなるほどの雨で、車の運転は非常に危険です。恐怖を感じるくらいの雨です。このような雨が降ると、災害の危険性が一気に高まります。大雨による土砂災害や低い土地の浸水、川の増水にも警戒してください。

●23日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、東海地方は600ミリ、近畿地方は500ミリ、北陸地方は400ミリ、四国地方、関東甲信地方、伊豆諸島は300ミリ、中国地方は250ミリ、東北地方は180ミリ、九州北部地方は150ミリ、九州南部は120ミリです。

●24日6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、北陸地方、東北地方は200から300ミリ、関東甲信地方は100から200ミリ、近畿地方、東海地方、北海道地方は100から150ミリです。

tenki.jp

この記事が気に入ったらいいね!しよう

台風をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ