千葉県で1時間に約100mmの猛烈な雨 記録的短時間大雨情報

10月25日(金)13時50分 ウェザーニュース


2019/10/25 13:51 ウェザーニュース

低気圧や台風21号からの湿った空気の影響で、千葉県では非常に活発な雨雲が次々に流れ込んでいます。
今日25日(金)13時30分までの1時間に千葉県千葉市付近、八街市付近で約100mmの猛烈な雨を観測し、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表しました。

土砂災害や道路冠水に警戒

房総半島では、このあとも同じような場所に発達した雨雲がかかり続けるおそれがあり、千葉県南部の多いところでは総雨量が300mmを超える大雨となるので警戒してください。
また、非常に発達した雨雲の通り道がやや西へ移動し、東京23区や三浦半島周辺でも非常に激しい雨が降るおそれが出てきました。交通機関の乱れが長引き、帰宅時間帯まで影響が残ることも考えられます。最新情報を確認するようにしてください。

台風19号の被災地では新たな災害の発生に警戒

台風19号で大きな被害をつけた地域でも、大雨に見舞われています。
仮復旧した堤防や法面が崩れたり、すでに地盤が緩んでいるので新たな場所で土砂災害が発生するおそれがあります。
河川や崖など危険な場所には近づかないようにしてください。

記録的短時間大雨情報とは?

気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。
その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。
この情報が発表された地域の周辺では、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。
地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。


ウェザーニュース

「大雨」をもっと詳しく

「大雨」のニュース

「大雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ