注目ワード水卜麻美・独立 ジャスティン・ビーバー・公演 民進党・蓮舫 松本人志・渡辺直美 安倍晋三・首相 2017夏・ソフトモヒカン

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「クマを殺さないで!」批判殺到 猟友会「現実分かっているか」と反発

J-CASTニュース10月29日(金)20時2分

   野生のクマが山から人里に下りてきて畑や畜舎を荒らすなどの被害が全国で起きている。民家の近くに現れると命の危険があるため周辺の住民は近くの公民館などに避難。町や地元の猟友会メンバーが射殺するなどして難を逃れている。




   ところが、市町村や猟友会に対し、クマの射殺を知った人達から「クマが可哀想だ」との苦情が大量に寄せられている。関係者は苦情の多さに対し「住民の命を守ろうとこちらも命懸けなのに…」と憮然としている。



北海道の町役場には非難のメールや電話が100件

   北海道斜里町の小学校近くの林にヒグマがいるとの目撃情報が2010年10月18日午前11時半頃にあった。その後、市街地に現れ地元猟友会が2頭を射殺した。けが人はなかったが、クマはもう一頭いたとの情報があり、小学校は児童を集団下校させた。


   射殺されたのは親子だった。このニュースが流れると、斜里町役場には電話とメール合計100件近くの苦情が来た。内容は「どうして殺傷したんだ。他の方法はなかったのか」というものが多かった。




   斜里町役場によれば、ヒグマ目撃情報は年間で800件ほど寄せられ、畑や畜舎が荒らされたり、人間に危害が出る可能性がある場合など担当者が出動し、威嚇弾を放つなどして山に追い払ってきた。しかし、市街地にクマが出た場合は付近の住民を避難させたうえで射殺する。大きなヒグマは160キロから200キロあり、生け捕りしようにもリスクがあまりにも大きいのだという。



   富山県朝日町では10月19日から20日にかけ民家近くに3頭の親子クマが現れ、住民は老人福祉センターを避難所として一夜を明かすことになった。20日に町は親クマを射殺、子グマ2頭は山に戻ったという。福島県西会津町では10月23日朝、民家近くの空き地に2頭の親子グマがいるという通報が町役場にあった。町は住民の安全を優先しこの2頭を射殺した。この2つの町役場に取材したところ、苦情が寄せられているという。西会津町では


「たくさんの意見や感想、クマの保護に関する提案が来ているが、その数や内容は明かせない」

としている。



「人間の命かかっているのに、クマはかわいい、だとか、もうガッカリ」

   市街地に現れたクマを駆除し人命を守るために活躍してきたのが猟友会のメンバーだ。その全国組織「大日本猟友会」本部に話を聞くと、この3、4日で50を超える非難のメールや電話が相次いでいるという。大日本猟友会は取材に対し、


「クマがどれだけ危険なのか、現実を分かっていない人が多い。人間の命がかかっているのに、クマはかわいい、だとか、クマが可哀想だとか、もうガッカリを通り越して、参ったという感じだ」

と嘆く。批判の中には麻酔銃を使え、山に誘導すればいい、といったものがあるが、どれも突然民家近くに現れた野生のクマに対しては机上の空論だと打ち明ける。



   かつては里を荒らし、人間の命を脅かすクマを仕留めたハンターはちょっとした英雄だった。現在は批判の対象になる場合がある。大日本猟友会の会員数は一時期40万人いたが、現在は10万人を切った。それは若い人が参加しなくなったからだ。日当が千円ということもあり、「割に合わない」と考えるようになったからだという。


「このまま減り続ければ10年後に困った状況になる。誰が害獣から住民を守るのかという心配事が迫っているんです」

そう大日本猟友会では話している。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

J-CASTニュース
関連ワード
猟友会のまとめ・写真

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「猟友会」をもっと詳しく

注目ニュース
【閉会中審査】低姿勢の安倍晋三首相、識者の見方は? 「もっと反論していい」「国民が冷静になるべき」 産経新聞7月24日(月)22時3分
誠実に説明責任を果たす姿勢を示すとし、24日の衆院予算委員会で低姿勢に徹した安倍晋三首相。識者はこの日の答弁をどう見たか。[ 記事全文 ]
【産経・FNN合同世論調査】民進・蓮舫代表 戸籍一部開示に可否拮抗 政党支持率はさらに下落 産経新聞7月24日(月)21時58分
産経新聞社・FNNの合同世論調査で、民進党の蓮舫代表が戸籍謄本の一部などを開示し、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」問題を説明したことについて…[ 記事全文 ]
野良猫にかまれマダニ感染症、50歳代女性死亡 読売新聞7月24日(月)23時54分
マダニを介してうつるウイルス性の重症熱性血小板減少症候群(SFTS)を発症したとみられるネコにかまれ、50歳代の女性が死亡していたことが分かった。このウイルスが哺乳類から人に感染したことが確認されたのは初めて。厚生労働省は24日、日本獣医師会などに診察時の感染予防を促す通知を出した。[ 記事全文 ]
<広島>女子中学生が死亡、校舎から飛び降りか 毎日新聞7月24日(月)21時48分
24日午前7時25分ごろ、広島市佐伯区の市立中学校の駐車場で、この学校に通う女子生徒(14)が倒れているのが見つかり、学校関係者が119番…[ 記事全文 ]
<加計新学部>記録ない、記憶ない…20回 逃げの答弁連発 毎日新聞7月25日(火)0時0分
◇衆院閉会中審査識者から「説得力ない」「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡り、24日に衆院予算委員会で行われた閉会中審査。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア