「子供の権利は配慮されるべき」 橋下知事が雑誌記事批判

10月29日(土)17時30分 J-CASTニュース

橋下知事のツイート。週刊誌に書かれたことを大筋で認めている

写真を拡大

   月刊誌や週刊誌に相次いで否定的な記事を掲載された大阪府の橋下徹知事が、ツイッター上で自らの見解を表明した。週刊誌が指摘した親族に関する事柄については、ある程度認め、「僕は公人だから何を言われてもある意味しょうがない立場」ともつづっている。その一方で、「親が公人でも、子供の権利は最大限尊重され、配慮されるべきだ」と、親族や子どもに影響があったことについては憤りを隠していない。



   月刊誌の「新潮45」11月号を皮切りに、「週刊新潮」「週刊文春」の最新号では、橋下氏の出自に焦点を当てた記事を掲載している。その中では、実の父親が自殺したことや、実の父親の弟に犯罪歴があることなどを指摘している。




「公人の子供であれば、超プライバシーにあたる事項も全て公開か」


   これまで橋下氏は一連の記事に対して明確なコメントをしてこなかったが、2011年10月29日朝、ツイッターに16回連続でツイート。自らの見解を明らかにした。実の父親は橋下氏が小学校2年生の時に自殺したことを明かしたが、



「物心ついたころには実父は家にいなかったのでほとんど記憶なし」


と説明。父親とその弟について、



「むちゃくちゃやんちゃくれで、暴力団関係者であったことは周囲の話からは聞いた。同和地区に住んでいたことも事実」


と、記事に書かれていたことは大筋で認めたが、橋下氏自身については、



「暴力団との付き合いは一切ない。特定団体への補助金を優遇したことは一切ない」


と、暴力団とのかかわりを否定した。


   その上で、



「子供は、事実を初めて知った」

「公人本人はどうでも良い。自分で選んだ道だから。では公人の家族はどうなんだ?」


と、記事が子どもに与える影響について疑問を呈した。それでも怒りは収まらなかった様子で、午後にも



「公人の子供であれば、超プライバシーにあたる事項も全て公開か。子供は自分でも知らなかった今回の週刊誌報道にかかる事実をこれから背負わされる。週刊誌はそのことに関してどう考えてるのかね」


などと3回にわたってメディア批判のツイートをしている。


   府知事選と大阪市長選のダブル選の投開票日は11月27日で、1か月後に迫っている。10月29日には弁護士で自民党参院議員の丸山和也氏が府知事選に出馬する意向を党関係者に伝えている。党府議団は池田市長の倉田薫氏の支援を決めたばかりで、混乱は必至だ。

J-CASTニュース

「子供」をもっと詳しく

「子供」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ