非常に強い台風26号 南シナ海で北寄りに進路を変える予想

10月29日(月)7時45分 ウェザーニュース


2018/10/29 07:51 ウェザーニュース

29日(月)6時現在、非常に強い勢力の台風26号(イートゥー)は、フィリピンの東の海上を西よりに進んでいます。

沖縄の沿岸では、波が高く警戒が必要です。


▼台風26号 29日(月)6時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   非常に強い
 移動     西南西 15 km/h
 中心気圧   935 hPa
 最大風速   50 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 70 m/s

先島で強風や高波に注意

波の予想 29日(月)15時

台風の中心からは離れているものの、沖縄ではうねりを伴った高波に警戒が必要です。

台風は非常に強い勢力で西進を続けていて、先島諸島では5m前後、沖縄本島地方では4m前後の高波が予想されています。海岸には近づかないようにしてください。

南シナ海で向きを変え北上か

世界各国の気象機関のシミュレーション

台風は、あす30日(火)の早朝から、非常に強い勢力でフィリピンへ接近する予想です。先月、台風22号により大きな被害が出たルソン島北部では、再び大荒れの天気となるおそれがあります。

世界各国の気象機関の気象シミュレーション予想を比較すると、台風はフィリピンに上陸後は南シナ海へと抜け、進行方向を北寄りに変える可能性が高くなっています。

その先の進路や勢力はまだ不確定なため、日本への影響についても精査中です。今後も最新の情報に注意してください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、民話に登場する月のうさぎのことです。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ