ラグビーW杯閉幕 発表!「あなたが選ぶ日本代表MVPは?」——5位は姫野、4位は田村、ではベスト3は?

11月2日(土)16時30分 文春オンライン

 9月20日に日本対ロシア戦で開幕したラグビーW杯。いよいよイングランド対南アフリカの決勝戦で、約1カ月半に及ぶ大会が終わる。


 ラグビー伝統国以外での初開催となった今大会だが、「成功を収めたので、もう一度日本で開催させてほしい」と日本協会理事がワールドラグビーで早くも語るなど、日本国内でも空前のラグビーブームが巻き起こった。


 何より史上初のベスト8進出という快進撃を見せた日本代表“桜の戦士たち”は一躍時の人となっている。


 5試合を通して熱狂していくうち、“推し”の選手が見つかったというファンも多かった。そこで文春オンラインでは「ラグビー日本代表で『あなたの選ぶMVPは誰でしょうか?』」という緊急アンケートを実施。1週間で706票の投票が集まった。早速その結果を発表していきたい。



今大会の「あなたが選ぶMVPは誰?」


◆◆◆


 266票、じつに4割近くの圧倒的な支持を集め1位になったのは、キャプテンのリーチ・マイケルだった。そして2位、3位にはそれぞれ大会5トライ、4トライを挙げ、勝利に大きく貢献した松島幸太朗(89票)、福岡堅樹(66票)と続いた。



 また4位にはジャパンの不動の司令塔・田村優(53票)。1票差の5位は“ジャッカル”姫野和樹(52票)だった。そして6位は“笑わない男”稲垣啓太(46票)、7位には“コンプリートフットボーラー”堀江翔太(24票)が入り、以下10位まで、田中史朗(17票)、トンプソン・ルーク(14票)、ピーター・ラブスカフニとなった(※そのほか詳しい順位・票数はランキング表をご覧いただきたい)。


 では各選手を“推す”理由を見ていこう。



【1位 リーチ・マイケル 266票】


 やはりキャプテンとしての統率力を評価する声が最も多かった。


「キャプテンとしてチームをひとつにしてしてくれた」(49・女)

「リーダーとしての統率力、勇気に素晴らしい人間性が表れていました」(53・女)

「最高のチームの最高のキャプテンだと思う」(58・女)

「理想の上司ランキングにも名を連ねるのは間違いない」(42・女)


 15歳のとき、ニュージーランドから来日。2013年に日本国籍を取得したリーチにはこんな声も。


「にわかファンからみても、ONE TEAMの象徴!」(54・男)

「生まれた国を越えて、完全な武士」(53・女)

「私の地元札幌の山の手高校の出です。札幌市民は皆マイケルを応援しています」(58・女)


 そしてグラウンド上でのパフォーマンスも頼りがいがあった。


「彼がボールに絡むと、明らかに空気が変わって勢いが付いた」(55・女)

「相手の攻撃を止める正確なタックルで、何度もピンチを救ってくれたから」(48・女)




【2位 松島幸太朗 89票】


 今大会5トライを挙げた松島。やはりその足に魅了されたファンが多かった。


「足が速いところがかっこいい」(43・女)

「見事なステップそして走力はスーパーカーなみ」(71・男)

「(ロシア戦での)ハットトリックがかっこよかった!」(32・女)

「松島にボールが渡れば何かしてくれる、何とかしてくれる!」(39・男)


 またディフェンス面も高く評価された。


「タックルをはじめディフェンスもすごい。ひっくるめて、センスが良いです」(52・男)

「タックルで相手の攻撃を止めた数も多い」(54・男)



 そしてジンバブエ人の父、日本人の母を持つ松島にはこんな声も。


「華がある。見栄えが良い」(65・男)

「可愛いらしいルックス、今後の活躍に期待!」(81・女)



【3位 福岡堅樹 66票】


 松島に次ぐ4トライを決めた福岡。特にスコットランド戦での2トライは鮮烈だった。


「ラグビーのルールがよく分かってないんですが、一番目立っていた」(52・男)

「スコットランド戦のトライ、しびれました」(42・女)

「世界に通じるスピード」(55・男)

「ラクビ−は重いものと考えていたが福岡選手を見てその軽快さにファンになった」(82・男)

「走力もさながら、ハンドリングも世界レベル」(48・男)


 来年の東京五輪後に、医師を目指すことを公言している福岡にはこんな声も。


「オリンピック後に引退して医師を目指すとの潔さに」(57・男)

「五輪後に医者を目指そうって志の高さがすごい!」(50・男)

「文武両道な福岡選手の姿は、たくさんの子どもたちに夢を与えた」(38・女)



【4位 田村優 53票】


 大会通算51得点を挙げた田村には、そのキックへの称賛の声が集まった。


「正確なキックでペナルティーゴール・コンバージョンゴールを積み重ね、日本の得点源になったから」(48・男)

「素晴らしいキック成功率!」(28・女)

「前回の五郎丸さんも凄かったですが田村選手も素晴らしかった」(56・女)

「彼のゴールキックの精度は世界一といっても過言ではありません」(74・女)


 また試合を組み立てる司令塔としても評価が高かった。


「攻守の要。南ア戦で彼がいなくなって、突如劣勢になった印象が強い」(67・男)

「彼こそがゲームを作っていたと思う」(66・男)

「日本の司令塔。南アフリカは彼を徹底的にマークしてきた」(50・男)



【5位 姫野和樹 52票】


 姫野が得意とする、相手のボールを奪う「ジャッカル」は今大会の流行語になった。


「ジャッカルで日本の危機を何度も救った。地元愛知のヒーローです」(63・女)

「ジャッカルで何度も窮地を救ったから」(62・男)

「ジャッカルという必殺技を何度も決めた」(49・男)

「名古屋の星で次期キャプテン候補だから」(62・男)

「試合後のコメントもいつも爽やかで好感が持てたので」(58・男)



【6位 稲垣啓太 46票】


「笑わない男が最後に泣いた。カッコイイ」(54・男)

「『笑わない男』の代表初トライに、感動しました!」(37・男)

「漢の中の漢!って感じがしました」(41・女)

「日本人らしい縁の下の力持ち」(63・男)

「スクラムのときに相手の強い圧力に負けず頑張っていたので」(39・男)



【7位 堀江翔太 24票】


「やっぱりベスト8の躍進はスクラムの強さだと思うから」(47・女)

「常にセットプレーを安定させ、モール、ラック、タックル、パスでもジャパンの中心」(60・男)

「足首の疲労骨折手術を乗り越えて、果敢にタックルをして日本チームを勇気づけた」(66・男)

「ドレッドヘアーの印象はもちろん、強靭な体での猛タックルは見ていて凄さを感じました」(29・男)



【8位 田中史朗 17票】


「小さい身体でスクラムから出るボールを冷静にさばくプレー」(55・男)

「小さい体で屈強な男たちに向かうには相当な覚悟が必要(45・男)

「途中出場が多いながらも、代わった瞬間に代表の空気が引き締まる」(43・男)


【9位 トンプソン・ルーク 14票】


「大阪弁が強い、カッコつけない話し方でとてもステキでした」(52・女)

「最年長ながら常にチームのため体を張ったプレーに徹していた」(57・男)

「4大会出場のトンプソンの経験の豊かさが今大会で随所に光った」(58・男)


【10位 ピーター・ラブスカフニ 13票】


「南アフリカ出身で日の丸を背負って一所懸命に相手を止めていたプレーに涙が出そうになりました」(69・男)

「ロシア戦のトライはそれまでの不安な流れを良いものに変えてくれた」(40・女)

「15年W杯で日本代表が母国南アフリカ代表を破った試合を見て、来日を決意したと雑誌で読んだ」(63・男)



(「文春オンライン」編集部)

文春オンライン

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ