寝屋川市議が代表だった障害者施設が不正受給

11月2日(土)7時58分 産経新聞

 障害者の就労支援に関する給付費約150万円を不正受給したとして、府は、一般社団法人「スクエア」(四條畷市)について、障害福祉サービス事業者の指定を取り消した。処分は10月31日付。不正を行っていた当時の代表は寝屋川市議の元橋理浩(まさひろ)氏で、今年7月まで代表を務めていた。

 府によると、昨年8月から今年4月、大東市の障害者1人に関して、スクエアが運営する事業所「ジョブステーション四條畷」でサービスを提供したように装い、給付費を不正に請求していた。5月に匿名の通報があり発覚した。元橋氏は不正を認めているという。

 元橋氏は大阪維新の会に所属していたが、9月に「一身上の都合」で離党している。

産経新聞

「障害」をもっと詳しく

「障害」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ