「そだねー」「(大迫)半端ないって」「悪質タックル」 2018年の新語・流行語大賞ノミネート30語が発表

11月7日(水)14時0分 BIGLOBEニュース編集部

2018 ユーキャン新語・流⾏語⼤賞」ノミネート語30

写真を拡大

今年最も話題になった言葉を決める「現代用語の基礎知識 選 2018 ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語が7日、発表となった。


今年は、アマチュアスポーツからパワハラや不正疑惑などの問題が噴出。その一方で、冬季オリンピックをはじめ国際舞台で日本人選手が活躍したため、スポーツ界からの流行語が多くなった。カーリング女子代表チーム・LS北見が活躍した平昌オリンピックからは、2語がノミネート。試合中などの「そだねー」の相づちや、フルーツなどを食べながら作戦を話し合うハーフタイムが「もぐもぐタイム」と呼ばれ話題となった。


また、サッカーW杯での大迫勇也選手の活躍を称えた「(大迫)半端ないって」もノミネート。ファンの間では、大迫選手活躍時のお約束のフレーズ「大迫半端ないって。あいつ半端ないって。後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん。そんなんできひんやん普通」が再び注目を集めた。一方、アメリカンフットボールでは、日本大学の選手による悪質なタックルが社会問題に。日大の監督やコーチからの指示があったことも明らかになり、「やらなきゃ意味ないよ」「つぶせ」といった言葉も話題になった。


「2018ユーキャン新語・流行語大賞」トップテンと年間大賞は、このノミネート語の中から12月3日に発表。選考委員は、姜尚中(東京大学名誉教授)、金田一秀穂(杏林大学教授)、辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、清水均(「現代用語の基礎知識」 編集部長)が務める。


<2018年のノミネート30語>
・あおり運転
・悪質タックル
・eスポーツ
・(大迫)半端ないって
・おっさんずラブ
・GAFA(ガーファ)
・仮想通貨/ダークウェブ
・金足農旋風
・カメ止め
・君たちはどう生きるか
・筋肉は裏切らない
・グレイヘア
・計画運休
・高プロ(高度プロフェッショナル制度)
・ご飯論法
・災害級の暑さ
・時短ハラスメント(ジタハラ)
・首相案件
・翔タイム
・スーパーボランティア
・そだねー
・ダサかっこいい/U.S.A
・Tik Tok
・なおみ節
・奈良判定
・ひょっこりはん
・ブラックアウト
・ボーっと生きてんじゃねーよ!
・#MeToo
・もぐもぐタイム


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「流行語大賞」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「流行語大賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ