日韓首脳会談写真に産経が官邸のリークで「韓国の無断撮影」「SNSでも許可とる」…安倍首相は写真を撮られてキレる三流芸能人か

11月9日(土)17時0分 LITERA

産経新聞19年11月8日朝刊より

写真を拡大

 は? なんじゃこりゃ──。“安倍政権御用機関紙”こと産経新聞が、昨日8日の朝刊1面トップで思わず目を疑う「スクープ」を飛ばしている。見出しはこうだ。


「日韓首脳対話 無断で撮影」
「周到準備の韓国 不意打ち」


 周知の通り、今月4日夜、タイで開かれたASEANプラス3の首脳会議に先立ち、安倍首相と韓国の文在寅大統領が控え室10分間ほど「会談」を行なった。日韓首脳が直接対話するのは昨年9月ニューヨークでの首脳会談以来約1年ぶりで、両国のマスコミも大きく報じたわけだが、産経は、そのときに韓国側が撮影し公開した写真が「無断撮影」だったと、鬼の首をとったように報じているのである。


 言わずもがな安倍首相と文大統領は公人中の公人である。産経サンはなに寝言ほざいてんの?って感じだが、肝心の中身もそうとうヒドい。記事は、例の写真を韓国側が日本側に無断で撮影、公開していたことがわかったとした上で、こう続く。


〈首脳間の非公式のやりとりに関する写真撮影やその公表には、明文化されたルールがあるわけではない。ただ、外務省幹部は「個人のSNS(会員制交流サイト)でも、誰かと映った写真をアップするときは、相手の許可を得るのが常識だ」と話し、日本側は韓国の行為を「エチケット違反」(外交筋)とみなしている。〉


 首脳会談の写真を、「SNSでも相手の許可を得るのが常識」とか「エチケット違反」って、一般人に写真をとられてブチキレる三流芸能人か。


 だいたい、撮影されていることは安倍首相自身が知らなかったはずがないし、会談には両国政府のスタッフも同席していた。もし、写真を公開されるのが嫌なら、日本政府のスタッフが撮影を止めれば良かっただけの話ではないか。それを写真が公開された後になって「無断撮影」って、失笑を通り越して、本気でその頭は大丈夫なのかと心配になってくる。


 しかも、当の産経新聞自身、4日の「10分間会談」写真をバーンと掲載しているのだが、コレ、実は韓国大統領府が通信社に提供したもの。つまり、産経サンは「韓国は無断で写真を撮りやがって!けしからん!」と息巻いているにもかかわらず、その青瓦台提供の写真を堂々と使っちゃっているのだ。


 もはや一周して「アッパレ!」と言いたくなってくる感すらあるが、皮肉が通じない可能性があるので、あらためてそのヤバさを指摘しておこう。


 そもそも安倍首相と文大統領が10分間の対話をしたのは事実であり、その写真を韓国政府が公表することの何が悪いのか。報道陣を中に入れない「非公式」の対話だったからこそ、政府関係者が写真を撮影したわけで、むしろ、まともな報道機関ならマスコミの撮影を許可しなかった両国政府の対応、あるいは対話を公開していない日本政府を批判すべきだ。


 ところが、産経は「韓国側が無断で撮影してきた」なる“韓国ディス”にすり替え、一面トップに掲載してしまったのである。産経新聞のHPを見ると、企業理念として、報道機関としての社会的使命を果たすべく云々と一丁前に書かれているが、清々しく“安倍サマを支えるネトウヨのためのサークル紙です”と明言したほうがいい。


 しかし、この問題は産経新聞という“右翼フェイク新聞”の話だけではない。というのも、この三流芸能人のいちゃもんツイートみたいな話は、安倍政権サイドが書かせた可能性が極めて高いからだ。


 実際、先に紹介した「SNSでも相手の許可を得るのが常識」発言も外務省幹部のコメントだったし、それ以外にも、記事にはやたら政府関係者のリークと思われる記述が登場する。


〈いわゆる徴用工判決で生じた日韓請求権協定違反を是正することなく日韓関係を改善させたい韓国が、一方的に首脳間の対話を内外に示そうとしたためだが、日本政府は用意周到な韓国側の“不意打ち”に対韓不信を強めている。〉
〈「あれは信義則に反する」。複数の日本政府関係者が口をそろえて憤る。〉
〈しかも韓国側は両首脳の接触から写真撮影、速やかな公表まで周到に準備していた節がある。〔中略、握手した首脳たちの〕最後の位置にいる文大統領から話を持ちかけられれば、首相は断りづらかったと思われる。〉


 ようするに、日本の政府関係者(おそらく官邸幹部だろう)が4日の「10分間会談」自体を“韓国が仕込んだ卑劣な罠”であり、公開された写真を「無断撮影だ」と(裏でこっそり)攻撃しているのだ。


 たしかに、文大統領は友好的対話によって徴用工問題などで悪化している日韓関係の打開をはかろうと歩み寄っているが、安倍政権の強硬姿勢はまったく変わっていない。


 4日の「10分間会談」をめぐる日韓両政府の反応も180度逆だ。青瓦台は公式サイトで〈文大統領と安倍首相は、非常に友好的で真剣な雰囲気で会話を続けた〉〈文大統領は、必要に応じより高度な協議を行う可能性の検討を提案。安倍首相はあらゆる手段で問題解決をはかる努力をすべきと応じた〉などとプレスを打った一方、菅義偉官房長官は5日の会見で「日韓関係では引き続き政府としての一貫した立場に基づき、韓国側に賢明な対応を求めていく考えに変わりない」と述べていた。


 輸出規制や「ホワイト国除外」など対韓圧力を連発し、「嫌韓キャンペーン」を張ることで政権浮揚に利用してきた安倍首相にとって、「10分間会談」を韓国との融和・対話路線と見られることは都合が悪いからだろう。その延長線上で写真についても、“御用紙”である産経に「あれは韓国が勝手にやった」「安倍首相は文大統領を許してない」と吹き込んだのではないか。


 しかし、その言い訳というのが「不意打ち」「無断撮影」、あげくは会談そのものについても「安倍首相は断りづらかった」とは……。一国の宰相がキャッチセールスで高額商品を買わされた気の弱い一般人みたいな言い訳をしてどうするのか。


 そう考えると、この産経のどうしようもない「スクープ」にも、ふたつだけ良い点があった。それは、韓国側が歩み寄りを見せているにもかかわらず、安倍政権がいまだに右派やネトウヨの顔色を伺って強硬姿勢をアピールしているという愚かさ。そして、安倍首相の側近や外務省が「SNSでも相手の許可を得るのが常識」「エチケット違反」みたいなイチャモンをつけるしか能がないというバカっぷり。そのふたつを、産経サンは赤裸々に語ってくれたわけだ。


 さすがは“安倍政権御用紙”と呼ばれるだけのことはある。市民からはともかく、安倍首相からの信頼は厚い。だからこそ逆説的に“親分”の愚かさをスッパ抜ける。ありがとう、産経新聞。これからもどんどん「スクープ」を飛ばしてもらいたい。
(編集部)


LITERA

「日韓首脳会談」をもっと詳しく

「日韓首脳会談」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ