関東地方 あすはきょうより更にヒンヤリ 寒さはしばらく続く

11月9日(月)16時7分 tenki.jp

あす10日(火)の関東は、朝は今朝より冷えて、沿岸部も気温が10度を下回りそう。北部山沿いは雪の所も。日中も、気温はあまり上がらず、日なたでも肌寒い。

関東地方 あすはきょうより更にヒンヤリ 寒さはしばらく続く

あす10日(火) 冷たい空気に覆われる 北部山沿いは路面凍結に注意

あす10日(火)の関東は、きょうよりも冷たい空気に覆われます。
朝の気温は、今朝より下がり、南部の海沿いの地域も含めて広く10度を下回る見込みです。通勤の際は、厚手の上着やマフラーなどで、寒さ対策を心がけてください。また、群馬や栃木の山沿いでは所々で雪が降るでしょう。強く降ることはなさそうですが、峠道の運転は路面の凍結に注意が必要です。
日中は山沿いの雪もやんできて、広い範囲で晴れるでしょう。ただ、最高気温は、きょうより低く、多くの所で15度前後。平年よりやや低く、日差しの下でも肌寒いでしょう。

特に気温が下がるのは 12日(木)の朝 初霜や初氷も

冷たい空気はしばらく居座るでしょう。そんな中、12日(木)は高気圧に覆われて穏やかに晴れて、そのぶん放射冷却が強まりそうです。朝は、今シーズンこれまでで最も気温の下がる所が多いでしょう。内陸部では3度前後まで下がって、初霜や初氷の観測される所もありそうです。
13日(金)以降は、気温が平年並みかやや高くなり、寒さは和らぐでしょう。

tenki.jp

「関東地方」をもっと詳しく

「関東地方」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ