両陛下、沿道の歓声に笑顔で応え 即位パレード

11月10日(日)15時34分 毎日新聞

「祝賀御列の儀」で沿道の人たちに手を振られる天皇、皇后両陛下=東京都千代田区で2019年11月10日午後3時5分、宮武祐希撮影

写真を拡大


 天皇陛下の即位を披露するパレード「祝賀御列(しゅくがおんれつ)の儀」が10日午後3時ごろから、皇居・宮殿から赤坂御所(東京都港区)までの約4・6キロのコースで国の儀式として行われた。天皇、皇后両陛下はオープンカーに乗られ、令和初のパレードに集まった大勢の人々の祝意に笑顔で手を振って応えた。


 両陛下は宮殿の南車寄せで、政府が新規に調達したトヨタ自動車のハイブリッドセダン「センチュリー」を改造したオープンカーに乗り込んだ。陛下はえんび服に最高位の勲章を胸に飾り、皇后雅子さまは白いロングドレスにティアラ(宝冠)と勲章を身に着け、洋装として最高の装いで臨んだ。


 宮内庁楽部が即位を祝って新たに作られた行進曲「令和」を演奏し、車列は出発した。警視庁の白バイが先導し、安倍晋三首相らの車の後ろを両陛下のオープンカーが時速約10キロというゆっくりしたスピードで走り、秋篠宮ご夫妻を乗せた車が続いた。車列は警備車両を含めて計約50台で、長さは約400メートルに及んだ。


 二重橋を渡って皇居を出た車列を迎えたのは、陸上自衛隊の儀仗(ぎじょう)隊で、銃を使った敬礼の「ささげ銃(つつ)」を行った。車列は二重橋前の交差点を右折後、警視庁のある桜田門、国会議事堂の正門前を経由し、青山通りに出た。赤坂御用地沿いの直線道路には、大勢の人が集まり、両陛下のオープンカーが近づくと歓声を上げ、手を振ったり日の丸の小旗を振ったりしていた。


 沿道では自衛隊や警視庁、東京消防庁などの音楽隊が行進曲を演奏し、華やかな雰囲気を演出した。車列は約30分後、両陛下の住まいである赤坂御所に到着した。


 パレードに合わせて警視庁は周辺を大規模に交通規制し、沿道では手荷物検査やボディーチェックが行われた。テロや事故の警戒に当たるため動員された警察官は約2万6000人に上った。


 パレードは即位礼正殿の儀があった10月22日に予定されていたが、台風19号の甚大な被害を考慮して延期されていた。【高島博之】

毎日新聞

「天皇陛下」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「天皇陛下」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ