不明夫婦か 1遺体発見 台風19号 相模原市の土砂崩れ現場

11月10日(日)18時55分 産経新聞

 台風19号による土砂崩れによって行方不明になっている相模原市緑区牧野(まぎの)地区の夫婦について、同市は10日、消防や自衛隊などの捜索隊が女性とみられる遺体を発見し、警察に引き渡したと発表した。

 警察や消防によると、発見場所は、土砂崩れに巻き込まれた夫婦の自宅があったところから、下流の谷沿いにたまっていた土砂の中。消防が重機で土砂を掘り起こす作業中に発見した。

 行方不明となっているのは、この家屋に住む佐々木睦(むつお)さん(67)と妻の定子さん(64)。警察によると、発見された遺体は定子さんとみられる可能性が高いという。手作業や重機によって、消防や警察、自衛隊による捜索が連日続いており、これまでに現場の土砂のなかからは家具や車などが見つかっていた。

 今後の捜索について、消防などは発見場所周辺も含め、捜索活動を継続していくとしている。

産経新聞

「相模原」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「相模原」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ