ビンラディン氏、「ゲーマー」だった!? 遺品からマリオ、NARUTO...テロリストとの対戦ゲームも

11月11日(土)11時0分 J-CASTニュース

米政府が公開しているビンラディン氏の「遺品」についてのページ

写真を拡大

「オサマ・ビンラディンはゲーマーだった?」(米ニューズウィーク(ウェブ版)、2017年11月2日付)——こんなニュースが、このところ海外メディアをにぎわせている。

「アルカイダ」の指導者として、2001年の米同時多発テロ事件などを引き起こしたとされるビンラディン氏が楽しんだ(?)のは、いったいどんなゲームだったのか?




ニンテンドーDSの違法コピーソフトが...



ビンラディン氏は2011年5月2日、パキスタンの地方都市に潜伏していたところを米特殊部隊の攻撃を受け、死亡した。その死後、そのアジトだった邸宅の捜索が行われ、遺品のハードディスク(HDD)などが押収された。その内容はこれまでにも断片的に公表されていたが、17年11月1日、CIAは公式サイトなどで、約47万ファイルのリストを発表した。


現在サイトからはこのリストを閲覧できないが、海外メディアでは一斉に、その中身が話題となった。映画などに加え、多くのゲームデータが含まれていたからだ。


海外メディアの報道によれば、以下のようなタイトルがビンラディン氏のHDDには残っていたという。


「New スーパーマリオブラザーズ」(2006年)

「マリオ&ルイージRPG2」(2005年)

「メトロイドプライム ハンターズ」(2006年)

「グランド・セフト・オート・チャイナタウンウォーズ」(2009年)

このほか、日本の漫画「NARUTO」や「BLEACH」のゲーム版なども。上記はいずれもニンテンドーDS用ソフトだが、正規版ではなく、いわゆる「エミュレーター」を使って遊ぶための違法コピー品だったとされる。




オンラインゲームの相手はテロリストだったかも



また、プラットフォーム「Steam」で、人気のオンラインゲーム「カウンターストライク」を遊んでいた形跡もあったという。皮肉にも「カウンターストライク」は、プレイヤーたちが特殊部隊とテロリストの2チームに分かれて対戦するゲームだ。いったいどちらの陣営で遊んでいたのだろうか?


ビンラディン氏のHDDをめぐっては、アダルト作品などがその「コレクション」に含まれていたのではないか、などと、その死の直後から海外のメディアを騒がせていた。今回公表されたのはファイルの一部に過ぎず、件のアジトにはビンラディン氏以外にも家族や部下などが暮らしており、ゲームを楽しんでいたのが本人とは限らない。とはいえ、その思わぬ側面は、アダルト作品とは別の意味で驚きを広げている。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

ウサマ・ビンラディンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ