元プロテニス選手が体験した「天皇ご一家“愛のラリー”」

11月11日(月)11時0分 女性自身

ポーン、ポーン! 高く昇った太陽のもと、テニスコートにボールを打ち合う快音が響く。



ラケットを手に、ダブルスを組まれた天皇皇后両陛下のお相手を務めるのは、佐藤直子さん(64)だ。日本プロテニス協会に登録した初の女子プロテニスプレーヤーであり、現在は、日本スポーツ協会の監事を務めている。



陛下が力強いストロークを打ち込まれると、佐藤さんも力が入る。思わず「えい! えい!」と、声を出して打つ佐藤さんを、雅子さまが面白がって、「私もえい!」と、打ち返された。ご夫妻にも佐藤さんにも、笑いがあふれる。



「夏の練習日、水分補給の時間になると、陛下は『暑いですねぇ』と、おっしゃりながら、水を持ってきてくださいます。ふだんから御所のなかでランニングをされていますが、『ランニングの汗とテニスの汗は違いますね』と、汗が滴る爽やかな笑顔でお話しになります」



雅子さまは、「こんなに汗をかくのは、いつぶりかしら」とつぶやくと、そのまま、ご自分で「ああ、前のテニス以来ですね」と、ユーモアたっぷりに続けられた。休憩前に、佐藤さんがボール拾いを始めると、雅子さまは「直子先生だけに拾わせるわけにはいきません」と手伝ってくださったという。



陛下との交流が生まれたのは、’85年ごろ。テニスの聖地・英国ウィンブルドン大会でのことだった。佐藤さんは’73〜’88年、シングルス、ダブルス、混合ダブルスのいずれかでウィンブルドンに出場を続けた。予選を勝ち抜いての本戦出場は14回に上り、その年も本戦のコートに立っていた。



「試合のない日にセンターコートで観戦していると、外国人選手が『日本のロイヤルがいらっしゃっているよ』と、教えてくれて。畏れ多くもご挨拶に伺ったのです」



それが、オックスフォード大学にご留学中の陛下だったのだ。佐藤さんの母・典子さん(90)は、かつて皇居内にあるパレスクラブに入会し、美智子さまとプレーしたこともあった。



「美智子さまが、私のことを陛下に話してくださっていたようです。『調子はいかがですか』と聞かれて『まあまあです』と答えると、『日本に帰ったら、一度、テニスをご一緒しましょう』と、陛下から言ってくださったのです」



まさか実現するとは思わなかったが、佐藤さんが一時帰国したとき、突然、宮内庁から電話があった。



「御所でテニスをされませんか?」



以降、年に数回、定期的に陛下とテニスをご一緒するようになり、ご成婚後に雅子さま、現在では、愛子さまも加わられ、ご家族でテニスを楽しまれるようになったという。



「天皇ご一家とのテニスは毎回、とても楽しく、感謝の時間です。自分のために一生懸命向き合うテニス、若い世代に教えるためのテニスとはまた違って、和やかで、純粋な趣味としてのテニスを楽しめますから」



佐藤さんは、日に焼けた笑顔をキラキラと輝かせたーー。



現在、東京国際大学客員教授となった佐藤さん。研究室には、現役時代に獲得した数々のトロフィがズラリと並んでいた。同大学でテニスの指導を始めたのは、’11年。



お昼前には鮮やかなオレンジ色のウエアに着替え、コートに入って、男子学生を相手にボールを打ち始めた。引き締まった筋肉に衰えは見えない。得意なボレーも炸裂する。



「痛いところはいっぱいありますよ。右手の腱を1本切って、小指が上がらないから、テーピングとサポーターをしているんです。ケガ対策のために毎朝のストレッチや筋トレは欠かせません」



陛下のご家族とテニスをするときも、入念にストレッチを行い、準備する。ほかにも年齢を感じるのは、暗くなるとボールが見えにくくなったこと。



「お忙しい両陛下とのテニスは、夜の時間帯になることもあるんです。『もう、暗くてボールが見えません』と、私が言うと、雅子さまが『じゃあ、チャンス!』と、おっしゃられて引き続きラリーを……」



愛子さまも練習熱心だ。同じく夕暮れになって、サーブの練習を始めた愛子さまにも、「もうボールが見えません。次にいいサーブが入ったら、終わりにいたしましょう」と、声をかけたが、愛子さまはご自分が納得するまで、サーブを打ち続けられたという。



「高校3年生になって、愛子さまはお勉強も忙しいので、練習に参加されないことも。学校からお帰りになってから遅れて参加されることもありますが、すごくテニスがお好きでいらっしゃいます。お小さいころは、陛下とのラリーでも、なるべく続くように、陛下が簡単なボールを打ち返されていましたが、いまは力強いラリーをされます」



愛情あふれる和やかなファミリーテニスで、笑い声が絶えないという。



「両陛下はお立場も変わり、非常に多忙でプレッシャーもあると思います。だからこそ、テニスで気分転換をしていただきたいです。両陛下には『30分ほどでも参りますので、空き時間にでもテニスを続けてください』とお話ししています」

女性自身

「テニス」をもっと詳しく

「テニス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ