ゆで卵41個をがむしゃらに食べた男性が急死 金を賭け友人と大食い競争

11月11日(月)8時21分 しらべぇ

卵(tiler84/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

完ぺきな栄養素と美味しさゆえ、多くの人から愛されている「卵」。だが何事もほどほどに…。インドから恐ろしい話題が伝えられた。


■42歳で無念の死

インドのウッタル・プラデーシュ州に暮らしていた42歳のスブハシュ・ヤダヴ(Subhash Yadav)さん。彼はすでにこの世の人ではない。

「ケリをつけるとはいえ、あんな危険なことを試すべきじゃなかった」「わずかなお金のために、こんな形で命を落とすとは」と、お墓の下で今はただ自分の愚かさを後悔していることだろう。


関連記事:「玉子」と「卵」、うずらのタマゴはどっち? 正しい使い分けを探る

■ある映画に触発された2人

その日、「どちらが多く卵を食べられるか」をある友人と競い合うことにしたヤダヴさんは、ジャウンプルの市場で大量の卵を調達するとそれを固くゆでた。

じつはポール・ニューマン主演の1967年のアメリカ映画『Cool Hand Luke(邦題:暴力脱獄)』で、ゆで卵を50個食べるシーンを見ていた2人。その日、口論になったことをきっかけに「ゆで卵の大食い競争で喧嘩のケリをつけよう」ということになったという。

■医師は手を尽くすも…

ところが42個目の卵を割ろうとしたところで体調に異変をきたしたヤダヴさん。崩れ落ちるように倒れてラクナウにある総合病院に運ばれ、そこで亡くなった。

医師はヤダヴさんの家族に「ゆで卵を過食したことで胃に致命的な病変が現れたようです。命を救うため、私たちもやれることはすべてやりました」と説明した。

勝った者が2,000ルピー(日本円にして約3,073円)を手にするなどと、お金まで賭けていた2人。愚かすぎるチャレンジで尊い命を落としたヤダヴさんに、遺族の落胆は大きい。


■ゆで卵ばかりか生卵でも

パーティやイベントでこの手の事故は時おり起きている。2013年には英国グリムズビーのパブが開催した「イースターエッグ大食いコンテスト」で、ゆで卵をスピーディーに飲み込んだ挑戦者がいきなり倒れ、その後に死亡していた。

また2012年にはオーストラリアの生卵の早食い競争で、ある男性が28個を食べたところでやはり体調に異変が現れ、急逝していた。スルンと喉へ降りていく生卵で競争することも危険だという。


・合わせて読みたい→菜々緒、抜群のスタイルからは想像できない好物明かす 視聴者は「信じられない」


(文/しらべぇ編集部・浅野 ナオミ



しらべぇ

「急死」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「急死」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ