横断歩道渡る園児の列に車突っ込む…6人搬送、いずれも軽傷

11月11日(月)13時29分 読売新聞

園児の列に軽自動車が突っ込んだ事故現場付近を調べる捜査員ら(11日午後、東京都八王子市で、読売ヘリから)=若杉和希撮影

写真を拡大

 11日午前10時20分頃、東京都八王子市宇津木町の国道16号交差点で、横断歩道を渡っていた近くの保育園の園児約10人の列に、軽自動車が突っ込んだ。警視庁八王子署によると、2歳くらいの園児4人と女性保育士2人の計6人が病院に搬送されたが、いずれも軽傷とみられる。

 八王子署は同日、車を運転していた60歳代の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕し、事故の状況を調べている。園児は保育士の引率で散歩中で、園児側の信号は青だったという。

 現場は、中央道八王子インターチェンジ近くの住宅街。事故直後に現場に駆けつけた近所の男性によると、保育士とみられる女性があおむけに倒れ、近くに額をけがした園児が座り込んでいた。園児の多くは散歩用カートに入ったまま泣いていたという。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「園児」をもっと詳しく

「園児」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ