アパートの男女2人死亡…複数の刺し傷、胸に包丁

11月11日(月)12時45分 読売新聞

 11日午前1時20分頃、栃木県真岡市八木岡のアパートの一室で、この部屋に住む男性(29)と、知人女性(21)が倒れているのを真岡署員が発見した。2人は病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 同署の発表によると、女性には複数の刺し傷があり、男性は胸に包丁が刺さった状態で見つかった。部屋が施錠されていたことなどから、同署は男性が女性を刺し、自殺を図った可能性があるとみている。

 男性の元交際相手の20歳代女性が、友人の女性に荷物を取りにアパートに行ってもらったところ戻って来ないという相談を同署にしたことから、事件が発覚した。同署は通報した女性から詳しい状況を聞いている。

 アパートに住む男性(77)は「午前1時前に、バタバタと取っ組み合いをするような大きな物音が10分ほど聞こえた。その後、『助けて』という女性の声が聞こえた」と話していた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「アパート」をもっと詳しく

「アパート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ