「自動車部品メーカーが多い都道府県」ランキング! 2位「静岡県」に3倍以上の差をつけた1位は?

11月12日(金)20時20分 All About

「自動車部品メーカーが多い都道府県ランキング」を発表しました。

写真を拡大

QuickWorkは11月1日、「自動車部品メーカーが多い都道府県ランキング」を発表しました。
国内約507万社の企業データベースを保有する「SalesNow DB」のデータを集計し、「売上1億円以上の自動車部品メーカー143社」をランキング形式でまとめたものです。
本記事では、自動車部品メーカーが多い都道府県TOP3を紹介します。

第3位:埼玉県(8社)

3位は、「埼玉県」でした。エフテックやエイチワン、ジーテクトなどが本社を置いています。自動車部品のほかにも、自動車本体や飛行機などの製造も盛んな埼玉県。
県も関連企業誘致に積極的で、「輸送用機械危惧製造業」に対し、「一定の条件を満たす工場等を立地した企業」を「立地企業」として認可しています。

第2位:静岡県(14社)

2位には、「静岡県」がランクイン。ヤマハやスズキといった有名企業の部品製造会社が多く、製造業が盛んな地域です。部品メーカーではスニックや日本プラスト、ブリジストンエラステックなども擁しています。
ほかにも、飲料や木材、紙製品、楽器などの出荷額でも全国トップクラスの県です。

第1位:愛知県(46社)

1位は、「愛知県」でした。ほかの県と比べても圧倒的に部品メーカー数が多く、自動車産業が愛知県やその周辺に集中していることが分かります。
世界有数の自動車メーカーのトヨタや自動車部品メーカーでトップクラスのシェアを誇るデンソーなども愛知県を代表する企業です。
(文:斉藤 雄二)

All About

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ