台風上陸時に実施された鉄道の「計画運休」 その是非を聞くと…

11月13日(水)10時1分 しらべぇ

台風(Elen11/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

台風や自然災害などで大きな被害が予想される場合、鉄道会社が事前に運行を全て取りやめる「計画運休」を行うことが増えている。

今年10月の台風19号上陸時には「史上最大規模の勢力」と言われていたこともあり、東日本の鉄道会社が計画運休を発表し、予定通り実施。

流行語大賞にもノミネートされるほどのインパクトがあった「計画運休」だが、どう考えている人が多いのだろうか。


■計画運休をどう思う?

しらべぇ編集部では全国の10〜60代の男女1,733名に「計画運休」について調査を実施。

結果、「実施に賛成」と答えた人は76.1%。かなり多くの人が、計画運休に賛成していることがわかった。

電車が動いていれば、「出勤しろ」と命令してくる会社が存在するのが日本の現状。計画運休は交通手段を止めることで人々の安全を守る要素もあるだけに、賛成する人が多いのかも。


関連記事:宝くじで1億円をゲットした男性 「あまりの強運」でじつは過去にも…

■性年代で意識に差

計画運休に賛成している人を性年代別に見てみると傾向が出た。最も高い割合となったのは社会人の子供を持つ人が多いであろう60代女性で85.1%。また男性も84.0%となっている。台風のなか出勤させられることに心配する両親が多いのだろうか。

一方20代男性は55.8%と他の世代と比較する極めて低い。台風で身を守るよりも「遊びに行きたい」「仕事をしなければいけない」意識が強いのかも。

■否定的な人の意見は?

計画運休に否定的意見を持つのは20代男性のFさんだ。

「全く動かさない措置は納得がいかない。どうしても移動したい場合どうすればいいのか。ギリギリまで動かす努力をしてほしい。


自分の場合、フリーターなので仕事に行かないと手取り額が下がってしまう。台風でも働きたいし、開いていないと困る店舗もあるはず。台風や災害発生時に休むことが正義とする風潮には疑問がある」


■賛成の声も

一方50代のMさんは計画運休に賛成だ。

「ストップする時間がわかっていればその時間に合わせて行動できるし、会社から社員を速やかに帰宅させることができる。


なによりも猛烈な台風などの災害のなか電車を動かすのは危険だし、動いていれば『電車が動いているんだから出勤しろ』と言い出す経営者がいるでしょう。そもそも災害時に仕事なんておかしいですよ」


様々な意見あるが、本調査では7割が賛成した計画運休。概ね支持されているようだ。


・合わせて読みたい→おのののか、インスタで下着姿を公開 「めっちゃセクシー」


(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年10月28日〜2019年10月30日

対象:全国10代〜60代の男女1,733名 (有効回答数)

しらべぇ

「計画運休」をもっと詳しく

「計画運休」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ