全裸男が電車内をスタスタ 草加駅で車掌が確保→警察へ引き渡し

11月15日(木)17時8分 J-CASTニュース

写真はイメージ

写真を拡大

2018年11月14日夕方、東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線)の草加駅(埼玉県草加市)に全裸の男性が現れた。

ツイッターでは目撃情報が散見されるが、一体何があったのか。J-CASTニュースは15日、この様子を画像とともに投稿したあるツイッターユーザーに詳しい状況を聞いた。



「股間を手で隠して...」



投稿者によれば、11月14日17時40分ごろ、男性は草加駅に停車中の東京方面に向かう電車内に現れたという。停車中、後ろから2両目のドア付近にいたという投稿者は、



「男性は股間を手で隠してスタスタ歩いていました」


と話す。男性は背後からやってきたため、どこで乗車したかや、服を脱いだ場所は定かでないという。投稿者は「自分が見た限り、男性は1番後ろの車両まで歩いていった」と話しており、その後保護されたとのことだ。



男性は投稿者が「高校生に見えた」と話すほど若く見られ、酔っ払った様子はなく、周りの目を気にしながらもどこか「キョトンとした」表情をしていたようだ。投稿者が撮った写真を見ると、周囲の乗客はうつむき加減だが、男性が通った後には振り返って見ている乗客もいたという。男性が保護された際に、抵抗する様子は見られなかったそうだ。


なおツイッターでは、この投稿者以外にも、草加駅のホームで全裸の男性が走っていたとの目撃談が複数ある。



東武鉄道の対応は...



J-CASTニュースは11月15日、東武鉄道にも取材した。広報担当者は男性への対応に関して、



「ホーム上にいた全裸の男性を車掌が発見し、別の駅員に引き渡しました」


と説明した。その後はすぐに警察に引き渡したため、詳細は答えることができないとのことだ。



また、広報担当者は、この影響で電車1本に4分の遅延が生じたと話している。画像の投稿者も「電車は数分遅延しました。『お客様対応のため遅延が生じております』といった旨のアナウンスが流れました」と証言している。



なお14日17時40分ごろ、草加周辺の気温は14度前後だった。



(11月16日18時20分追記)記事の一部を修正しました。

J-CASTニュース

「東武鉄道」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「東武鉄道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ