ゴルフ場で作業員2人死亡=水漏れ確認作業中—茨城

11月15日(水)18時57分 時事通信

 15日午前10時35分ごろ、茨城県桜川市高幡のゴルフ場「JGM笠間ゴルフクラブ」のクラブハウスで「水漏れの点検を行っていた人が倒れている」と119番があった。県警桜川署によると、地下の点検用通路で作業員2人が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。
 同署によると、亡くなったのは配管設備会社社長上野広中さん(67)=栃木県上三川町五分一=と会社員鹿又二治さん(70)=宇都宮市下岡本町=。
 2人はクラブハウス1階にある浴槽の水漏れの確認作業のため、15日午前8時半ごろから地下の点検用通路に入った。約2時間たっても戻らないため、クラブハウス従業員が様子を見に行ったところ、通路で倒れている鹿又さんを発見した。
 署員が駆け付けた際、通路の気温は40度くらいあったという。2人は発見時、全身が赤くなっていた。同署が詳しい死因などを調べる。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ゴルフをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ