元ラーメン店主に有罪=昨年12月の糸魚川大火—新潟地裁支部

11月15日(水)12時46分 時事通信

 新潟県糸魚川市で昨年12月、計147棟を焼いた大規模火災で、業務上失火罪に問われた火元の元ラーメン店主、周顕和被告(73)の判決が15日、新潟地裁高田支部であり、石田憲一裁判長は禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮3年)を言い渡した。
 石田裁判長は「結果は大災害というべき重大なもの。注意義務違反の程度は著しい」と述べた。一方で、「強風により延焼範囲が広がったことなど偶発的事情の存在もある」として執行猶予が相当とした。
 周被告は判決後に弁護士を通じ、「不注意による失火で多大なご迷惑をお掛けし、改めて心よりおわび申し上げます」とコメントした。
 判決によると、周被告は昨年12月22日、ラーメン店の厨房(ちゅうぼう)で中華鍋を火にかけたのを忘れ、近くの自宅に帰宅。鍋の中身が燃え上がって店から出火、延焼し、計147棟(床面積計約3万平方メートル)を焼損させた。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

糸魚川をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ