井山7冠が「世界最強」に勝利=囲碁LG杯

11月15日(水)17時2分 時事通信

 囲碁の井山裕太7冠(28)=棋聖、名人、本因坊、王座、天元、碁聖、十段=が15日、東京都内で行われた国際棋戦の第22回LG杯朝鮮日報棋王戦の準決勝で中国の柯潔九段(20)に267手で黒番中押し勝ちし、来年2月の決勝進出を決めた。
 柯九段は現在「世界最強」とされる棋士。井山7冠は2015年の公式棋戦で敗北しており、2年ぶりに雪辱を果たした。
 柯九段は今年5月、英ディープマインド社の囲碁人工知能(AI)「アルファ碁」との3番勝負で3連敗し、AIの圧倒的な強さを印象付ける結果となった。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

囲碁をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ