高齢者から1.8億円詐取容疑=出資金名目、社長ら逮捕—60億円集金か・警視庁

11月15日(水)13時18分 時事通信

 高配当をうたって新規事業への出資を募り、高齢者から計約1億8000万円をだまし取ったとして、警視庁は15日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)容疑で、健康食品販売会社「ロイヤルフーズ」(東京都品川区)社長原田一弥(63)=静岡県熱海市水口町=、同社役員で元妻小野寺朝子(68)=同=両容疑者ら男女6人を逮捕した。元従業員2人も逮捕する方針。関東を中心に高齢者約1000人から総額約60億円を集めたとみられ、同庁が裏付けを進めている。
 逮捕容疑は2013年12月〜14年10月、元本を保証し高配当を得られるなどと偽って、新規事業への投資名目で東京都と神奈川県の55〜83歳だった男女8人から計1億8350万円をだまし取った疑い。
 同庁生活経済課によると、同社は貸店舗を使って期間限定で日用品や健康食品を販売し、購入した高齢者を有名歌手が出演するショーに無料で招待。その場で輸入ワインや化粧品開発などの新規事業について、「年利7%、銀行に預けるより利息が付く。1口100万円」と投資を募っていた。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高齢者をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ