奈良・富雄丸山、最大円墳と判明 直径110メートル

11月15日(水)18時51分 共同通信 47NEWS

奈良市の富雄丸山古墳。上空南西から撮影(同市提供)

写真を拡大

奈良市の富雄丸山古墳(4世紀後半)が、測量調査の結果、従来の説より20メートル以上大きい直径約110メートルの円墳と分かり、市が15日発表した。埼玉県行田市の丸墓山古墳(6世紀前半、直径105メートル...

共同通信 47NEWS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

奈良をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ