<東急田園都市線>全線で運行再開 12.6万人に影響

11月15日(水)10時30分 毎日新聞

東急田園都市線が運転見合わせとなり、再開を待つ人たちで混雑する駒沢大学駅=東京都世田谷区で2017年11月15日午前9時16分、長谷川直亮撮影

写真を拡大


 15日午前5時35分ごろ、東急田園都市線池尻大橋−駒沢大学駅で停電が発生し、渋谷−二子玉川駅の上下線で運転を見合わせた。午前10時前に運転を再開したが、朝の通勤通学ラッシュを直撃し約12万6000人に影響が出た。


 沿線駅は運転再開を待ったり、バスに乗り換えたりする人たちであふれかえった。


 東急電鉄によると、池尻大橋駅(東京都世田谷区)付近の架線に一部焦げている部分が見つかり、復旧作業を行った。停電が発生した頃に架線から火花が出ていたとの目撃情報もあり、詳しい原因を調べている。


 沿線12駅では入場を規制し、バスによる振り替え輸送を実施した。上下線で計155本の電車が運休した。【島田信幸】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東急田園都市線をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ