<H2ロケット>「世界糖尿病デー」でライトアップ

11月15日(水)9時15分 毎日新聞

世界糖尿病デーに合わせ、シンボルカラーの青い光で照らされたH2ロケットの実物大模型=茨城県つくば市吾妻で11月14日

写真を拡大


 「世界糖尿病デー」の14日、つくばエキスポセンター(茨城県つくば市吾妻2)にあるH2ロケットの実物大模型(高さ約50メートル)がシンボルカラーの青色にライトアップされた。


 糖尿病デーは、予防や治療の啓発のため、国連が2006年に定めたもので、世界各地の名所や病院で青いライトアップが実施される。


 同センターは「先端科学を学べる施設として、糖尿病の啓発に協力したい」と今年初めて実施した。日没後、ロケットの模型が下から青い光で照らし出され、普段とは違う幻想的な雰囲気を醸し出していた。【大場あい】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

糖尿病をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ