<加計>ノーベル学者「輩出」? 削除へ 韓国留学生パンフ

11月15日(水)22時6分 毎日新聞

加計学園が韓国で配った学生募集パンフレット

写真を拡大


 ◇岡山理科大獣医学部の募集


 学校法人加計学園が韓国で配った岡山理科大獣医学部の留学生募集パンフレットで、同大は2010年にノーベル化学賞を受けた鈴木章北海道大名誉教授らを「輩出」し、「世界が認める研究成果を挙げている」と記述されている。鈴木氏は北大教授時代の1979年に発見した有機化合物合成法でノーベル賞を受け、北大退官後の94年に岡山理科大教授となったが、在任は1年間にすぎない。


 岡山理科大での業績と誤解を招きかねない表現について、同学園広報室は取材に15日、毎日新聞の指摘を受けて当該部分を削除するとした。


 加計学園は獣医学部定員140人のうち20人を留学生枠とし、14日の設置認可前から韓国でパンフレットを配っていた。毎日新聞が入手したカラー6ページのパンフレットは「(獣医師は)日本の会社員の2〜3倍の高収入」とし、学園のホームページでもハングルで「日本で有名な名門学校法人」とアピールしている。


 パンフレットによると志願資格は来春までに高校を卒業し、所定の日本留学試験を受けていることが条件。日本語600字の志望理由書などの提出も求めている。学園の系列大はアジアや中東などから留学生を受け入れている。【福永方人、金秀蓮】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ノーベルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ