<座間9遺体>発端は金銭的動機か 公園で寝泊まりも

11月15日(水)3時0分 毎日新聞


 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された白石隆浩容疑者(27)が、「部屋を借りるまでは、公園で寝泊まりをすることもあった」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。白石容疑者は最初の犠牲者の女性から金を受け取り、アパートの入居費用に充てていたことが判明している。警視庁捜査1課は、事件の発端に金銭的な動機があったとみている。


 捜査関係者によると、白石容疑者は事件前の生活について「実家には居たくなかったので、金さえあれば引っ越したかった。公園で寝泊まりしたこともあった」などと供述しているという。


 白石容疑者は最初の被害者の神奈川県厚木市の女性(21)について、「3月にツイッターを始めて自殺願望者に接触を図ってきたが、初めてうまくいったのがこの女性だった」と説明。女性から受け取った51万円をアパートの入居費用に充てていた。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

死体遺棄をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ