<座間9遺体>不明当日2万円を下ろす…さいたまの女子高生

11月15日(水)14時30分 毎日新聞

神奈川県座間市のアパート=2017年10月31日、本社ヘリから撮影

写真を拡大


 神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で、被害者の一人のさいたま市の高校2年の女子生徒(17)が、行方不明になった9月30日当日、自宅近くの郵便局で現金2万円を下ろしていたことが、捜査関係者への取材で分かった。女子生徒はその後白石隆浩容疑者(27)=死体遺棄容疑で逮捕=に会ったとみられ、警視庁捜査1課は事件との関連を調べている。


 捜査関係者によると、女子生徒は同日午前10時40分ごろ、自宅を出たまま、行方不明になった。そのころ女子生徒は、自宅から徒歩数分の場所にある郵便局で現金2万円を下ろしていた。


 女子生徒の携帯電話の電波は同日午後2時過ぎに白石容疑者のアパート付近で途切れていた。


 白石容疑者は一連の事件の動機について、「金目的もあった」と供述。最初に犠牲になった神奈川県厚木市の女性(21)からは事前にアパートの入居費用として現金51万円を受け取ったとされる。【深津誠、春増翔太、山本佳孝】

毎日新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

女子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ