糸魚川大火、元ラーメン店主に禁錮3年の有罪判決、執行猶予5年

11月15日(水)12時55分 産経新聞

 昨年12月に糸魚川市で発生した大火の火元となり、業務上失火の罪に問われた同市大町のラーメン店の元店主、周顕和被告(73)の判決公判が15日、新潟地裁高田支部で開かれ、石田憲一裁判長は周被告に禁錮3年、執行猶予5年(求刑禁錮3年)を言い渡した。

 判決によると、昨年12月22日、周被告はラーメン店の調理場で中華鍋をコンロの火にかけたまま外出し、鍋の中身を発火させて同店を含む147棟、計約3万平方メートルを焼損させた。

 判決理由で、石田裁判長は「注意義務違反の程度は著しく、重大な結果は起こるべくして起こったものと言わざるを得ない」と指摘。ただ、当時は延焼しやすい気象状況だったことに加え、社会的な制裁を受けているとして、執行猶予を付けた。

 9月27日の初公判で、弁護側は「強風で延焼しやすい状況だった」として情状酌量を求めていた。

 判決言い渡し後、石田裁判長は「糸魚川の人や町への恩返しとして、自分にできることを考えてほしい」と説諭した。

 閉廷後、周被告の弁護側は控訴しない方針を報道陣に明らかにした。その上で「糸魚川の皆さまに多大なご迷惑をおかけし、改めて心からおわびします」とする周被告のコメントを発表。コメントの中で、周被告は「皆さまの大切な家、お店、思い出の品々を失わせてしまったことは決して許されることではなく、大変申し訳なく思っています。糸魚川の皆さまに対する償いのため今後の人生を歩んでいく所存です」とした。

産経新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ラーメンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ