金塊売却後、路上で1・9億円盗難…東京

11月15日(水)5時52分 読売新聞

 警視庁は14日、東京都台東区のJR御徒町駅近くの路上で、貴金属店で金塊約46キロを売却した中国籍の自営業の男性(47)が、警察官を装った男らに現金約1億9000万円入りのキャリーバッグを盗まれる事件があったと発表した。

 同庁が多額窃盗事件として捜査している。

 発表によると、13日午前11時50分頃、中国籍の男性が、同区の交番に「現金が入ったバッグを盗まれた」と届け出た。

 男性は警察官を装った3人組の男から「ポリス。パスポート」などと声をかけられ、バッグから手を離したところ、持ち逃げされたと説明しているという。

 盗まれた約1億9000万円は、男性が直前に、近くの貴金属店で金塊約46キロを売却し、受け取った金だった。男性は3人について、青い上着とズボン姿だと説明。同庁が周辺の防犯カメラを確認するなど、3人組の行方を追っている。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

金塊をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ