施設入所男性、手足縛られたまま死亡…徘徊防止

11月15日(水)19時5分 読売新聞

 15日午前5時55分頃、東京都青梅市の障害者施設「クリード青梅」から、「入所者の男性が布団の中で動かない」と110番があった。

 警視庁青梅署員が駆けつけたところ、入所者の男性(28)が布団の上で手足を縛られた状態で死亡していた。施設側が、徘徊はいかいを防ぐため拘束していたといい、同署が詳しい死因を調べている。

 同署幹部によると、男性は14日夜、施設内を徘徊したため、職員の男女2人が、布をねじったひも状のもので男性の両手足を縛り、空き室の布団にあおむけで寝かせた。職員らが15日午前0時までに3回見回った際には寝ていたが、午前5時45分頃、うつぶせ状態で動かなくなっていた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

死亡をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ