よど号事件計画、塩見孝也・赤軍派元議長が死去

11月15日(水)17時45分 読売新聞

塩見孝也・元赤軍派議長

写真を拡大

 1970年の日航機「よど号」ハイジャック事件などで有罪判決を受けた共産主義者同盟赤軍派の塩見孝也元議長(76)が14日夜、東京都小平市の病院で死亡したことがわかった。

 心不全とみられる。

 塩見氏は69年に同派を結成して議長に就任。「よど号」事件を計画したが、実行直前に別の事件で逮捕された。よど号事件の計画のほか、首相官邸襲撃のため軍事訓練を行った「大菩薩峠事件」などで懲役18年の判決を受けた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

事件をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ