今日20日(水)の天気 関東は冬の寒さ 北日本日本海側は暴風雪に警戒

11月20日(水)5時55分 ウェザーニュース


2019/11/20 05:56 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・北日本は暴風雪に警戒
・太平洋側は晴れて空気乾燥
・関東は昨日より5℃以上気温下がる


今日20日(水)も冬型の気圧配置が続き、北日本の上空には強い寒気が流れ込みます。東北北部から北海道では日本海側や山沿いで吹雪や強い雪となり、まとまった雪になるところがあります。

晴れる東京都心など太平洋側でも12月並みの気温で、風も強く寒い一日となります。暖かくしてお過ごしください。

北日本は暴風雪に警戒

日本海側は雲の多く、東北北部や北海道の日本海側や山沿いでは強い雪のおそれがあり、北陸や東北では落雷や突風、あられに注意が必要です。
風も非常に強く、沿岸部を中心に猛吹雪となり視界が悪化するおそれがあります。

山陰や近畿北部でもお出かけには雨具をお持ちください。

太平洋側は晴れて空気乾燥

太平洋側では晴れるところが多く、空気が乾燥します。

火の取り扱いに注意するとともに、インフルエンザも流行ってきていますので、マスクや手洗いうがいで体調管理にも気をつけてください。

関東は昨日より5℃以上気温下がる

関東は12月並の気温となるところが多く、沿岸部では風も強く吹いて、冬のような体感となります。

ここ数日は20℃を超え暖かい日が続いていましたが、各地で昨日よりも5℃以上気温が下がり、空気が冷たく感じます。朝晩は手袋やマフラーを活用するなど寒さ対策を万全にしてください。


ウェザーニュース

「北日本」をもっと詳しく

「北日本」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ