北海道は明日30日(月)から雪が強まる 2日(水)にかけて大雪に注意

11月29日(日)18時20分 ウェザーニュース

2020/11/29 17:40 ウェザーニュース

週が明けて明日30日(月)も日本付近は冬型の気圧配置が続きます。北海道の上空5500m付近には大雪をもたらす目安となる、−36℃以下の強い寒気が流れ込んでくるため、この週末以上に雪が降りやすくなる見込みです。
特に寒気トラフと呼ばれる、寒気の一番強い部分が通過する夜は雪が強まり、局地的には1時間に5cm以上のドカ雪となる可能性があります。積雪の増加による路面状況の悪化などに注意が必要です。


雪の降りやすい状況はしばらく続く

30日(月)〜2日(水)の積雪の予想

冬型の気圧配置は12月2日(水)にかけて続き、北海道の日本海側は断続的に雪が降る見込みです。
明日30日(月)から2日(水)までに予想される雪の量は、山沿いの多い所で30cm以上、内陸部でも20cm以上に達します。市街地でも本格的な積雪となり、旭川市などは10cmを超える予想です。
12月になるとともに冬らしい雪の降り方となりますので、こまめな除雪が必要になってきます。
また、3日(木)以降に次の寒気が南下し、積雪がさらに増加する可能性があります。最新の情報をご確認ください。

ウェザーニュース

「北海道」をもっと詳しく

「北海道」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ