できるだけ部屋を寒くしないで換気する方法

12月2日(水)5時0分 ウェザーニュース

2020/12/02 05:51 ウェザーニュース

新型コロナウイルス感染症対策としても重要なのが「換気」です。寒い冬でも上手にできる換気のコツを、ダイキン工業コーポレートコミュニケーション室広報グループの重政周之(しげまさ・ちかし)さんに教えていただきます。

換気の重要性はわかっていても寒い!

全国的に新型コロナウイルス感染症が拡大傾向にありますが、対策として、手洗いやマスクなどとともに重要なのが換気です。
「『換気に対する意識調査』(10月26〜28日、全国の男女529人に実施)でも、『自分の家で換気ができている』と思う人は83.9%と4月の調査よりも9.4ポイントアップし、『冬場自分の家で窓開け換気をしたい』と思う人は75.0%と、換気への意識が高まり、習慣化していることがわかりました。
一方で、冬場に換気をしたくない理由として『寒くなる』を挙げる人は78.8%、『電気代が高くなる』が43.9%でした。

冬の環境が、換気の実践を妨げる可能性を示しています」(重政さん)
確かに、寒いなか窓を開け放つのはイヤなものです。自然と換気の回数や時間が短めになってしまい、十分に換気できているか不安も残ります。
「換気の目的は、室内の空気中に溜まったウイルスや一酸化炭素(CO)などの汚染物質を外に出し、外の空気を入れて汚染物質を薄めることです。
現代の住宅の多くは『機密性』が高く、何もしないままでは汚染物質が滞りやすいのです。『エアコンをつけているから換気は大丈夫』と思っている方もいますが、多くのエアコンでは室内の空気を取り込んで温めたり冷やしたりして、送風口から室内に戻して循環するだけです。換気は別にする必要があるのです」(重政さん)

冷やさずきちんと換気するには

冬場の換気のポイントは、部屋の温度を下がりにくくすることと、そのためにも効率よく換気することにあるといいます。
「朝や外から帰ってきたときは、まずエアコンの暖房を入れて、部屋を暖めます。そして、エアコンを運転したままで窓を開けて換気しましょう。はじめに暖房を入れて壁や床、天井を暖めておくことで、室内の温度が下がりにくくなります」(重政さん)
起床時間や帰宅時間が決まっている場合は、タイマーを利用するといいですね。
「換気は1時間に5分を2回が目安ですが、寒さが気になるなら少し短めにします。冬は風が強いので、夏より短めでも十分な換気ができます」(重政さん)

効率的に換気をするには?

窓の開け方にも、コツがあるといいます。
「効率よく換気をするためには、部屋に空気の通り道を作ることです。部屋の2箇所の窓を開けるようにしましょう。できるだけ、部屋の対角線上にある窓を選びます。エアコンから離れた窓を選ぶと、節電につながります。また、風の入り口の窓は小さく、出口は大きく開けると、さらに空気が通りやすくなります。
窓が1箇所しかない場合は、扇風機を窓に向けて使い、室内の空気を外に出すよう流れを作りましょう」(重政さん)
冷え込みがますます強くなりますが、上手に換気してきれいな空気のなかで健康に過ごしたいですね。

参考資料など

ダイキン工業株式会社「上手な換気の方法〜住宅編〜」(https://www.daikin.co.jp/air/life/ventilation/)

ウェザーニュース

「新型コロナウイルス」をもっと詳しく

「新型コロナウイルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ