「ONE TEAM」流行語大賞に、代表選手らも喜びの声 「日本、世界に理解してもらえた」

12月3日(火)13時41分 J-CASTニュース

円陣を組むラグビー日本代表選手

写真を拡大

年末恒例の「『現代用語の基礎知識』選 2019ユーキャン新語・流行語大賞」が2019年12月2日(東京・帝国ホテル)に発表された。

年間大賞には、ラグビー日本代表のスローガン「ONE TEAM」が選出されたことで、選手たちもSNSで喜びを綴った。



「すごい、頑張ってよかった」不動の司令塔「10番」田村選手



大賞の受賞に、選手たちもツイッターで喜びの声を上げた。不動の司令塔SO「10番」(スタンドオフ)として全5試合に先発出場した田村優選手(キヤノン)は「すごい、頑張ってよかった」とコメント。CTB(センター・スリークオーター・バックス)中村亮土選手(サントリー)は「ラグビー日本代表が示してるものが日本、世界に理解してもらえて良かった!」。FB(フルバック)山中亮平選手は「嬉しい。ONE TEAMやっぱりいい言葉だ!!!」と綴った。



「W杯2019日本大会」が終わったのは、1カ月前の11月2日。日本ラグビーフットボール協会(JRFU)の森重隆会長は、開催12都市へ御礼行脚に回っているという。そんな中で、



「『本当にありがとうございます』と御礼を申し上げると、必ず向こうから『ありがとう』というのは(言葉に詰まりながら)私たちです...と。本当に一生懸命、応援していただいて(感極まり)...この結果が残せた」


と、授賞式では目を真っ赤にしながらコメント。場内からは拍手が巻き起こった。



他のラグビー関連用語と同時受賞案も



今回は「ONE TEAM」以外にも「4年に一度じゃない。一生に一度だ」(大会キャッチコピー)、「にわかファン」、「ジャッカル」(プレーの名称)、そしてPR(プロップ)稲垣啓太選手(パナソニック)を評したフレーズである「笑わない男」がノミネートされた。



一部メディアの報道によれば、稲垣選手は「(ノミネートされたこと自体)事故ですね。事故」と謙遜しながらも「ラグビー選手として認知度が上がった。個人として認知されたのはうれしい」とコメントしている。



また選考委員を務めた漫画家・やくみつる氏は授賞式後、こう語った。



「『ONE TEAM』だけじゃなくて『ONE TEAM/ジャッカル/笑わない男...』とか、私はラグビー全体で1つの賞にするっていう案を推したんですけれどね」


自身を「にわかラグビーファン」と言うだけに、言葉には熱がこもった。



(J-CASTニュース編集部 山田大介)

J-CASTニュース

「大賞」をもっと詳しく

「大賞」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ