冬型強まり北海道は吹雪警戒 北陸ではあられも

12月3日(火)10時50分 ウェザーニュース


2019/12/03 10:51 ウェザーニュース

3日(火)は冬型の気圧配置が強まり、日本海側の広い範囲で吹雪に見舞われています。昨夜22時からの12時間で層雲峡で14cm、倶知安で11cmの新たな雪が積もり、最大瞬間風速はえりも岬で31.2m/s、留萌で26.8m/sを観測しました。

北陸ではあられが降る

また、北陸周辺では大気の状態が不安定になって雲が発達し、一部にあられを降らせています。あられは雪に比べて気温の高い状態でも路面に積もり、滑りやすくなるため、車の運転中にあられが激しく降ってきたら、速度を落とすなどの安全対策を行ってください。

寒気はさらに南下し、雪や吹雪が悪化

3日(火)夜の予想天気図

午後も強い冬型の気圧配置が継続し、日本海側の各地で雪や雨が断続的に降る見込みです。北海道では活発な雪雲が流れ込んで、局地的には1時間に3〜5cmの雪の降ることがあります。急激な積雪の増加や、吹雪による視界の悪化に要警戒です。明日4日(水)以降も雪が続きますので、こまめに除雪が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)


ウェザーニュース

「北陸」をもっと詳しく

「北陸」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ