明日4日(水)の天気 東京など太平洋側は晴れるも日本海側は大雪警戒

12月3日(火)16時52分 ウェザーニュース


2019/12/03 16:47 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・太平洋側は乾燥した冬晴れ
・日本海側は大雪や吹雪に警戒
・西や東は15℃前後でも北は厳寒


予想天気図 4日(水)9時

明日4日(水)の日本付近は、強い冬型の気圧配置が続きます。北海道の日本海側や本州の山沿いは大雪や吹雪に警戒が必要です。太平洋側は乾燥した晴天となります。

太平洋側は乾燥した冬晴れ

関東から西の太平洋側は、冬晴れの所が多くなります。空気が乾燥しますので、火の取り扱いやインフルエンザの流行などに注意が必要です。

近畿や東海などは寒気の雲が流れ込んで、にわか雨の心配があるため、念のため折りたたみの傘があると安心です。

日本海側は大雪や吹雪に警戒

積雪予想 6日(金)21時まで

日本海側の各地は雪や雨が断続的に降ります。

北海道の各地や東北、北陸の内陸部では大雪や吹雪のおそれがあり、積雪の急増や吹雪による視界不良に警戒が必要です。

東北では雪雲の一部が山を越えてくることがあります。

西や東は15℃前後でも北は厳寒

予想気温 4日(水)

強い寒気の影響を受ける北日本は寒さが厳しく、北海道は軒並み昼間でも氷点下の真冬日です。東北も北部は0℃前後となります。

関東は朝の冷え込みが強まるものの、昼間は15℃前後まで上がる予想です。


ウェザーニュース

「太平洋」をもっと詳しく

「太平洋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ