「中東派遣反対」、イランとのやりとり否定=菅官房長官

12月4日(水)12時56分 時事通信

 菅義偉官房長官は4日の記者会見で、安倍晋三首相と会談したイランのアラグチ外務次官が、自衛隊の中東派遣に反対する考えを首相に伝えたとNHKのインタビューに答えたことに関し、「外交上のやりとりであり詳細は控えるが、少なくとも指摘のようなやりとりではなかった」と述べた。
 中東派遣にイランの理解を得られているかを問う質問には「常にイランとも緊密に連携を取りながら対応している」と述べるにとどめた。
 菅氏によると、中東派遣に関し日本政府はアラグチ氏に「わが国に関係する船舶の安全確保のため、独自の取り組みで自衛隊活用の検討を行っている」と説明。「船舶の安全な航行確保のため、沿岸国としての責任を全うするよう要請した」という。 

[時事通信社]

時事通信

「イラン」をもっと詳しく

「イラン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ