藤井七段、順位戦7連勝で単独首位に C級1組

12月3日(火)23時56分 毎日新聞

単独首位に立った藤井聡太七段

写真を拡大


 将棋の現役最年少棋士、藤井聡太七段(17)は3日、大阪市福島区の関西将棋会館で指した第78期順位戦(毎日新聞社など主催)C級1組7回戦で船江恒平六段(32)に78手で勝ち、7勝0敗とした。同じく6回戦まで全勝だった佐々木勇気七段(25)と石井健太郎五段(27)が共に敗れ、あと3局を残して藤井が単独首位に立った。


 藤井の8回戦の相手は小林裕士七段(43)。C級1組には今期、36人が参加しており、上位2人がB級2組に昇級する。


 藤井七段は終局後、「類型のない将棋で一手一手難しかった。残り3局も全力を尽くしたい」と話した。【新土居仁昌】

毎日新聞

「首位」をもっと詳しく

「首位」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ