週間天気 強い寒気で6日(金)頃をピークに冬の寒さ

12月4日(水)5時20分 ウェザーニュース


2019/12/04 05:23 ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・日本海側は大雪や吹雪に注意
・今週は6日(金)頃が寒さピーク
・週末は太平洋側で冷たい雨も

日本海側は大雪や吹雪に注意

積雪予想 6日(金)21時まで

強い冬型の気圧配置が続き、日本海側の広い範囲で大雪や吹雪となります。
6日(金)にかけて予想される積雪量は北海道の日本海側や本州の内陸、山沿いで30cmを超える見込みです。山形から新潟、富山にかけての山間部は60cm以上の大雪が予想され、特に警戒をしてください。

また、風も強く吹雪による視界不良や、吹き溜まりによる局地的な積雪の急増のおそれもあるため、合わせて警戒が必要です。

今週は6日(金)頃が寒さピーク

上空の1500m付近の寒気予想 6日(金)9時

上空に強い寒気が流れ込むため、6日(金)頃をピークに全国的に本格的な冬の寒さとなる予想です。

風も強まり、いっそう寒く感じられます。風邪やインフルエンザ予防など体調管理を万全に行ってください。

東京や名古屋、大阪でも朝は3℃前後の日が増えてくるので、万全な冬装備が必要です。

週末は太平洋側で冷たい雨も

7日(土)9時までの12時間の降水予想

7日(土)頃は日本の南の海上を前線が通過するため、太平洋側で雲が多くなる見込みです。

前線は陸地から離れたところを通るため、活発な雨雲は海上を通過すると予想しています。ただ、関東の沖合では風がぶつかり合うことで雨雲がやや北に拡大し、一部が陸地にかかる可能性があります。

関東上空は冷たい空気に覆われるため、場合によっては雨ではなく、雪が降ってもおかしくありません。
まだ予報が不確定で寒気の強まり方や低気圧・前線が進むコースの違いで雨や雪の範囲が変わるため、この先も最新の情報を確認するようにしてください。



ウェザーニュース

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ