北関道で鉄パイプ100本散乱…運転手は酒気帯び容疑 栃木・足利

12月5日(水)23時20分 産経新聞

 5日午後4時45分ごろ、栃木県足利市の北関東自動車道でトラックが横転し、積んでいた建築現場足場用の鉄パイプ100本以上が散乱する事故があった。通報で駆けつけた県警高速隊は、基準値以上のアルコールが検出されたとして、酒気帯び運転の現行犯で、運転していた前橋市、会社員の男(42)を逮捕した。県警によると、「酒を飲んだのは間違いない」と供述している。

 逮捕容疑は、北関東道西行き車線の足利インターチェンジ(IC)−太田桐生IC間で、酒気帯び状態でトラックを運転したとしている。同隊によると、埼玉県内の資材置き場から勤務する前橋市の建設会社へ鉄パイプを運搬する途中だった。「中央分離帯にぶつかりそうになり、ハンドルを切ったら横転した」と供述、同隊が事故原因を詳しく調べている。

産経新聞

「鉄パイプ」をもっと詳しく

「鉄パイプ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ