安倍晋三首相「ややこしい質問受ける」 参院法務委出席へ

12月5日(水)22時43分 産経新聞

「年末エコノミスト懇親会」であいさつする安倍晋三首相=5日午後、東京都港区(鴨川一也撮影)

写真を拡大

 安倍晋三首相は5日、東京都内で開かれたエコノミストらの会合であいさつし、6日の参院法務委員会への出席について「(南米訪問から4日に帰国して)時差が激しく残っている中、2時間出て、ややこしい質問を受ける」と述べた。

 委員会では外国人労働者の受け入れ拡大に向けて新たな在留資格を創設する出入国管理法改正案の質疑が行われる見通し。首相の出席は野党側が強く求めていた経緯がある。

 首相はあいさつで、米国と中国の貿易戦争に関し、「(米国が関税の引き上げを延期して)90日間は停戦状況になったが来年、90日(の期限)が切れる」としたうえで、「国際経済の状況に左右されない強い経済をつくっていきたい」と述べた。

産経新聞

「首相」をもっと詳しく

「首相」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ